FAQ(良くある質問)

胃カメラは苦しくありませんか?

鼻からの胃カメラは経口の内視鏡と比較し9割の方が楽であったというアンケート結果があります。
当院では、直径4.9mmという本邦最小径の鼻から行える極細胃内視鏡を導入しています。
従来の口から行う胃内視鏡検査と比較して、オエッという反射が起きにくいことが最大の特徴です。

鼻から内視鏡を入れるのに抵抗があるのですが・・・

「鼻からはどうしても抵抗がある」という方のためには、口からの胃カメラも特殊なマウスピースを使用することにより、経鼻内視鏡用のカメラを使用してすることができます。
挿入時のテクニックが必要ですが、内視鏡専門医として鼻からはしたくないという方に、良くこの方法を使用して胃カメラをさせていただいています。通常の経口内視鏡と比較し極細のため、挿入時、挿入中の喉の違和感が少なく通常検査と比較し楽に検査を受けることができます。
また通常の経口内視鏡を用いて麻酔法により楽に検査を行うこともしています。相談の上どちらの内視鏡を選択するのかを決定させていただきます。

胃内視鏡検査の食事に注意する事はありますか?

前日のお食事内容には特に注意点はありません。
午前中検査の方は、夜9時までに食事を終え、それ以降は飲み物も、お水・お茶・スポーツドリンクのみとして下さい。
検査当日は、水分摂取も最小限にし、何も召し上がらずにご来院ください。
また高血圧や心臓病、喘息の薬などは朝早めに内服、糖尿病の薬は食事を摂らないため一時中止して御来院ください。午後の検査の方は基本的に約8時間は食事摂取を控えて下さい。朝のウイダーインゼリーを早めに食べていただくこと、少量のお茶、スポーツドリンクは可能です。昼食抜きで検査させていただきます。

胃内視鏡検査は来院したその日にできますか?

胃内視鏡検査は基本的に予約制ですが、診療が混雑していない場合や、待ち時間があっても良い場合は即日に検査することも可能です。食事抜きでご来院ください。
 

内視鏡検査にはどのくらい時間がかかりますか?

通常、胃の内視鏡検査の場合は平均的には5分程度が内視鏡を挿入されている時間です。その前に問診や前処置があり、また検査終了後の結果の説明は、ある程度休んでいただいた後にさせていただくことが多いため、前処置~結果説明まで約1時間はかかるものと考えて下さい。

内視鏡検査には保険がききますか?また費用はどれくらいかかりますか?

病気の診断や精査のために行う内視鏡検査は、健康保険が適応されます。内視鏡検査費用は、前投薬の内容、生検による病理診断の有無、処置の有無などで大きく異なります。

胃の検査(初診時の外来料金です。採血・点滴・薬剤代は含まれておりません。)
70歳以上「高齢者・後期高齢者一般」(1割負担)  1620円
社会保険・国民健康保険(本人/家族)70歳以上「高齢者・後期高齢者一定所得以上」(3割負担) 4860円

胃の内視鏡検査(胃カメラ)では、どんな病気がわかりますか?

鼻からのカメラでは鼻腔(一部)、咽頭、喉頭の観察もできるため経口内視鏡では診断できない病気が見つかることもあります。
上部消化管内視鏡検査では胃のほかに、食道、十二指腸の内腔も観察するため、これらの臓器の病気を診断可能です。認められる病気としては、逆流性食道炎、食道癌(がん)、胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌(がん)十二指腸潰瘍などがあります。

痛みや自覚症状のない場合でも、内視鏡検査を受ける必要があるのでしょうか?

食道癌、胃癌は進行しないと無症状であることが多い。そのため、何よりもまず自覚症状がない段階からでも定期的な内視鏡検査を受け、身体の異常をできるだけ早期に発見して、適切な治療を行うことが望まれます。胃癌は早期に発見できれば内視鏡で治療できる時代となってきています。

最近胸焼けがひどいのですが?

胃液は強い酸性ですが、食道は胃とは違って胃酸を防御する構造・働きがないため胃酸が逆流すると炎症が起きやすくなります。
脂肪分の多い食事、高齢、肥満などで食道の入り口がゆるくなり逆流しやすくなります。
まずは診察でFスケールといわれる逆流性食道炎のスコアを計算させていただきます。逆流性食道炎が疑われるようであれば、内視鏡検査をお勧めします。内視鏡検査により食道粘膜の状態が把握出来ます。
治療としては酸の分泌を抑える薬、胃の排出能を高める薬などで症状が改善することが多いです。