胃潰瘍

胃潰瘍はヘリコバクター・ピロリ菌や鎮痛薬が原因で、胃の粘膜の欠損がおきる病気です。胃潰瘍の約70%がH.pylori感染と関係しています。胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)で診断することが出来ます。

治療 

ヘリコバクター・ピロリ菌による潰瘍

潰瘍の治療は原因に基づいて行います。ピロリ菌感染による胃潰瘍にはピロリ菌を殺してしまう治療が標準的な治療(ガイドライン)となっています。約8週間薬を飲んでいただき、ピロリ菌を除菌します。下痢症状など副作用も多いため内服は医師の指導の下に行います

 

潰瘍は症状が消失しても完全には治癒していない場合が多く、再発予防には一定期間医師の指示どうり薬を飲むことが大切です。 

 

 

 

 

 

 

ピロリ菌除菌:慢性胃炎でピロリ菌除菌が保険収載(平成23年3月~)

ピロリ菌再感染:最近ピロリ菌は再感染するいことが判明