胃カメラでわかる病気

 

一般的に胃カメラといわれているが、正式には上部消化管内視鏡検査という。何故胃カメラといわれていたのかというと、以前は胃の中にカメラを入れて写真を撮っていた名残である。現在では電子スコープ(CCDを先端にとりつけた内視鏡)が主流であり、観察と同時に診断、治療が可能。観察する範囲は食道、胃、十二指腸までの上部消化管です。

どのような症状の人が検査が必要か?

  • 腹痛、胃痛がある人
  • 吐き気や嘔吐症状がある人
  • 食べ物がつまる感じのある人
  • 胃液が口や胸にあがってくる、胸焼けがする
  • 萎縮性胃炎のある人の定期健診

胃カメラでわかる病気

胃粘膜下腫瘍:胃の粘膜の下の腫瘍

このページには下記のサブページがあります。